Message from YOUKI STAFF

2017年04月26日

今年の春はいつもと違う?

我が家のある東京多摩地区では、4月の上旬に桜も満開になり、
まさに春到来という感じだったのですが、あいにく土日が悪天候で、
折角のお花見が出来なかったとお嘆きの方も多かったようです。
そして翌週は、暖かい南からの強風で、見事に散ってしまいました。

なんかいつもとペースが違うと思いでいましたが、我が家の庭では、
いつも通り桜の開花時期とピッタリ重なるように、今年も"花桃"の
花が咲き、庭先での花見を楽しみました。(ここまでは良かった。)

桃の花縮小.JPG

そして、いつもの春であれば、この時期になると「シジュウカラ」が、
さえずりと共に巣箱の周辺を飛び回り、花が散り葉が伸びて緑一色に
なった頃に、巣箱で営巣する予定なのですが。。。。。

今年の春いつもと違うのは、冬場にはよく我が家の庭をなわばりに
している「モズ」が、今年は桃の花が咲くまで居座り、とても盛んな
さえずりの後に、庭で"つがい"が誕生。(まさに交尾をしていた。)
これはこれで"とてもおめでたい"ことなのですが、一つ問題が。

「モズ」は、主食としている昆虫類爬虫類が少なくなり餌に困る冬場は、
「シジュウカラ」を襲うのです。つまり「シジュウカラ」にとって天敵。
そのせいで、まだ、我が家の庭に「シジュウカラ」が来ていません。
そしてその「モズ」は、その後、どこかで営巣をしているようで、
既に姿もさえずりも見聞きしなくなりました。

ようやく「シジュウカラ」が来ても大丈夫な環境になりつつありますが、
果たして来てくれるでしょうか?
これも自然の流れとして諦め気味では有りますが、春の訪れを感じる
一つの出来事として、もう少し期待し待っている、今日この頃です。

KOBA