ゆうこ写真館

は〜い!こちら写真部です。
食を求めて東奔西走、日本全国はたまた世界各国飛び回ります。
会社休んでも大目に見てね♪

2017年6月

Messageに引き続き写真館も担当させて頂く事になりました「かぼす」と申します。以後お見知りおきくださいますようお願い申し上げます。


さて、こちらの「ゆうこ写真館」。そもそもの主旨はなんぞや?と確認したところ、世界を股にかけて食を探し求め、あんな料理やこんな料理をご紹介するようでございます。


ユウキきっての出不精の私がそうそう外食なんぞに行くもんか!いい加減にしろ!


.....と言う訳で、こちらでは私の独断と偏見で選出した、弊社製品を使ったオススメレシピをご紹介したいと思います。


さて前置きが長くなりましたが、私が今回オススメしたいのはコチラ。


マグロとアボカドのわさびタルタル丼」でございます。


実を申しますと、私、この手の料理が大嫌いでございます(またか)。
「魚介類を乗せた酢飯じゃないご飯」と「マヨネーズがかかったご飯」を非常に苦手としておりまして、「嫌い」というより、むしろ「食べられない」部類の料理です。
どちらか一方でも無理なのに、このレシピに至ってはダブルです。もはや食べられる気が一切致しません。光と闇が両方そなわり最強に見えます。
コレを試食せよ!と言われて、想像を絶する悲しみがかぼすを襲った訳ですが。


普通に美味しい。


私のように「必要性がなければ生涯マグロ丼を食べることは絶対に無い」と断言する者すら、美味しいと感じさせるこの不思議なマグロ丼。
その秘密は「わさびドレッシング」にあると見ました。
液状なので、まんべんなく具材に絡み、魚の生臭さを見事に中和してくれます。

さらにこちらのわさびドレッシング、自慢ですが「ものすごくわさび」です。

限度を知らないユウキ食品。わさびと言うからには、とことん!わさび感を追求して参ります。余りにわさび過ぎて普通にサラダにかけて食べるとツーンとして目頭が熱くなるのを感じます。
もちろん、わさび感に対する感動の涙ではありません。
また、ドレッシングですので酢が入っています。それが酢飯に近い味わいを生み、マヨネーズがご飯にかかっちゃった感(←?)すらも相殺します。わさびドレッシング、恐ろしい子...!


作り方も非常に簡単。今日のおかずどうしましょ?という時にチャチャッと作れるのも魅力です。
「ご飯に刺し身乗せるとか無いわー。生臭いの無理だわー」という方、或いは
「マグロ丼とか至高の食べ物でしょ!嫌いとか意味わからん」という方にもオススメの一品。
この機会に是非お試し頂ければと存じます。


ここまでお読みくださいまして、誠にありがとうございました。

担当:かぼす

« 前月の記事  ‖ 
はりきって海外編   のんびり国内編
イメージ