ゆうこ写真館

は~い!こちら写真部です。
食を求めて東奔西走、日本全国はたまた世界各国飛び回ります。
会社休んでも大目に見てね♪

2014年10月


食欲の秋。ほんとうに秋は美味しいものがたくさん♪
美味しいものと言えば、巷では"北海道展"なるものがそこかしこで開催されていて、「ちょっとだけ♪」って覗いちゃうと散財すること間違いなし☆
ほんと、アタシにとって北海道は「何を食べても美味しいところ!!」って印象。

北海道へ、通称"海サクラ"という釣り(海でサクラマスを釣る)旅行へ行った時のこと、もうそろそろお昼ごはんを♪とあたりを見回すと、砂浜っぺりに海の家のような風貌をした建物が。。お店に近づくと「食堂??お土産屋さん??釣り具屋さん??営業してる??」って不思議な雰囲気が。。

開き戸を横に引き一番最初に目についたのが、ガラス扉の冷蔵ケースに並んだ3本の瓶ジュース。(お風呂屋さんにあるあれね。)これは売り物?従業員の休憩用??ってここでもハテナが目白押し。ついでにその隣には、横長のテーブル(だと思います)の上にちょこんと並べられた、黄色い台紙(日焼けしてたんだと思う。)にくっついている"ループタイ"。 ど~見ても「そこの海岸で拾ってきたよね?」って貝やら石やらがモチーフに使われている、お土産として売られているとおぼしきもの。

しかしお腹が空いていたアタシは「いやいや、"お食事"って看板に書いてあったし、きっとご飯は食べられるはず。」とお店の中へ。

そして若干並んでいるテーブルと椅子を見つけ着席。テーブルの上には黄色く焼けた紙にメニューが書いてある♪おう、どうやらご飯にありつける♪そこで目にしたのが、「ジンギスカン」の文字。こんな砂浜っぺりに立っている、海の家のようなところのメニューに「ジンギスカン」なんてあるんだ?!って、すっごく興味を引かれたので即注文。

「あ!これっ!」ってソッコーで注文したけど、注文品が来る間にすこし冷静になってみると、こんなところでジンギスカンって??お肉大丈夫??(お店のご主人、スミマセン。。)なんてドキドキしだしたところに、アタシの注文品ではない「カツカレー」がやってまいりました。「あ、フツー♪」ってことは、ジンギスカンも大丈夫?!なんて思っていたところに、一人用のカスコンロの上に乗ったジンギスカン鍋が運ばれてきました。「お。自分で焼くのか。」とちょっと楽しくなってきたところに、本体(と言うのか?)登場~☆

え?お肉の色、大丈夫?が第一印象。 けどお腹が「早く!」と言っている。熱せられているジンギスカン鍋の上にお肉と野菜(キャベツのみ)をのせて焼く。初ジンギスカンなもんでそこらへんの不安感もあいまって、「これでいいの?」って北海道出身の旦那に聞くと「そう。」と一言。そ~ですか、これでいいんですか。と焼けたお肉をパクッとな。

おっいしぃぃぃぃぃ~ッッ!!!!なぁに、この見た目とたがう美味しさ~♡♡♡

聞くところによると、"つけ込みダレ"も"つけダレ"も自家製とのこと。お店のご主人、今までの数々のご無礼をお許しください。(心の中でだけど)

だって、つけダレもずいぶんレトロな醤油差しに入ってるじゃな~い(添付画像のはじっこにある醤油差し)。「お醤油酸化してない??」ってちょっと頭をよぎったくらいの斬新な風貌のジンギスカンセットに完敗☆

で、人生初のジンギスカンが美味しかったものだから、気分が盛り上がっちゃったアタシはそれから帰るまでにまた2回ジンギスカンを食し、重たいジンギスカン鍋まで購入してしまったのでした。(持って帰る労力を考えていなかった。。)

ありがとうあのお店☆ありがとうジンギスカン☆ また行きたいです。

けどあのお店まだあるかな?? あ、またまた失礼おば(^。^)☆

担当:Linda

« 前月の記事  ‖  翌月の記事 »

2014年の記事

はりきって海外編   のんびり国内編
イメージ