ゆうこ写真館

は~い!こちら写真部です。
食を求めて東奔西走、日本全国はたまた世界各国飛び回ります。
会社休んでも大目に見てね♪

2018年3月

= パリでクレープを =

タイトルだけですっごくノスタルジックな感じ###
子供の頃大好きだったテレビ番組「兼高かおる世界の旅」を思い出す画像###
クレープ.jpg そ~さね、20年以上も前のこと。ブラブラと自分のことばかりで遊べていたころ。(あぁ、昔話。)
遊びに行ったフランス パリの街中をぶらぶら散歩していた時に、ふと見つけたクレープ屋さん??
高架下に、クレープを焼くであろう機材とその前にイーゼル式の看板だけがあるスペースを見つけました。
???と思っていると、コック帽を被った女性がトコトコとやってきて、ニコっと笑って目が合った。
で、まったくの日本語で「クレープ??」と尋ねると、「ウィ♡」と。
ちょうど休憩を。と思っていたところ渡りに船♪ ではお願いします。とクレープを焼いてもらいました。
日本ではフレーバーを決めてから焼き出すクレープ、ここでは焼き始めてからフレーバーを尋ねられました。
で、そ~さね。。と看板に書いてあるフレーバーを読むと、「ヌテラ」があるではありませんか♪ そのころまだ日本ではヌテラがポピュラーなものではなく、アタシの中では「海外旅行先で食べるおいしいもの。」のひとつでした。
そこで、日本ではおなじみだった「クリームチーズ&スプレーチョコ」を思い出して食べたくなったアタシ。「ヌテラ&クリ―ムチーズは??」と探したけど見当たらず。。クリームチーズのみ若しくはonフルーツジャムはあったんだけど、ど~してもチーズ&チョコの風味が味わいたいアタシは、クリームチーズにヌテラをonしてほしい。とお願いしました。
すると、この可愛いオネェさんは、舞台劇上のビックリ演技のように、急に表情豊かにアタシを見つめ、「ホントにいいの?!?!(何と言われたかはフランス語でわからなかったけど、きっとそう言ったのでしょう###)」と何度も聞き直されました。
で、ついに観念したのかニヤニヤしながら、クレープの半分にクリームチーズをたっぷりひとぬり。そしてまたこっちを見て「ホントにいいの??」と念押し。アタシの「うんっっ♪♪♪ノープロブレム!!」という返事を聞き、またニヤニヤ笑いながら、もう半分にヌテラをたっぷり。
そして、やはり笑いながらアタシに出来上がったクレープを手渡してくれました。 
たっぷりのクリームチーズとヌテラでどっしり重いクレープ。さすが規格外###
そして「きっとコレを食べている様子を彼女は見たいであろう。」と感じ取ったアタシは、彼女の前で一口頬ばり、「セ・ボォォ~ン♡」と言ってみせました。その時彼女は心の中で「日本人、ヘンなもの食べるな~。」と思ったか否かは判りませんが、やっぱり笑っていました。
しかしそこはポジティブ思考のアタシ。「きっと、あのあと自分でも試してみて、美味しくて、ニューフレーバーに加えちゃってるんじゃないかな~☆ で、珍しいフレーバーで人気店になって、屋台から脱しお店を構えることが出来るんじゃ??」と、思いながらそのクレープ屋さんを後にしました。

クレープを食べると、「今でもフランスでは、チーズとチョコを一緒にするフレーバーは無いのかな??」と時折思い出します。
またぶらぶらしに行きたいな~♪♪♪

担当:Linda

« 前月の記事  ‖  翌月の記事 »

2018年の記事

はりきって海外編   のんびり国内編
イメージ