唐揚げ用 怪味ソース

唐揚げ用怪味ソース

「怪味」って、どんな味?

怪味とは"複雑な味"を意味する言葉。
塩味や酸味、甘味をはじめ、唐辛子のピリッとした辛味などが絡み合った、
元は中国・四川省生まれの調味料です。
それを唐揚げや他の料理に合うよう食べやすく仕上げました。
味わってみると、あらゆる味覚がつぎつぎ顔を出す。
この味わいの深さ、広さを表現するなら、渾然一体、千変万化。
まさに「怪味」という言葉がピッタリなソースなのです。
あらゆる術を使いこなす孫悟空も、思わずうなってしまいそう。
かつてない不思議な味わいの調味料「怪味ソース」、あなたもぜひお試しあれ。

中華料理の美味しさを表現するときに、よく用いられるのが"五味の調和"という言葉。これは「甜(あまい)」「咸(しおからい)」「酸(すっぱい)」「苦(にがい)」「辣(からい)」の5つの代表的な味のこと。ところが四川料理の場合、この五味に「麻(しびれる辛さ)」「香(香り)」「鮮(うまみ)」を加えて"四川の八味"と表現することがあります。

味にまろやかさを与え、ひろがりをもたらす甘さ。
酢などのツーンとする、香りを伴った酸味のこと。
塩分から感じる辛さのこと。鹹と書くこともある。
香辛料などのスパイシーな苦味。味わいに深みを与える。
ヒリヒリした熱感で発汗を伴うような唐辛子の辛味。
山椒がもたらす舌を麻痺させるジワーッとした痺れ
四川料理では香りは大切な味のひとつとされている。
生臭みや脂っこさを抑え、食欲を刺激する味わい。

*ユウキ食品の唐揚げ用怪味ソースに、山椒は含まれていません。

かけるだけで、唐揚げがごちそうに。

ユウキの唐揚げ用怪味ソースは、
たっぷりの芝麻醤に唐辛子やコショウなどの
香辛料をブレンドし、香味野菜でコクを出し、
ごま油で香りを加えて仕上げました。鶏の唐揚げや
フライにかければ、驚くほど味わいがひろがり、
おいしさがグッと引き立ちます。
揚げ物以外のメニューにも和えたり、かけるだけで、
今までとはひと味違う"怪味メニュー"をつくることができます。

  • 怪味風ごぼうの唐揚げ
  • 旨×辛 怪味ブリトー
  • 怪味冷奴
  • 怪味サラダ和え麺
  • から揚げ怪味ピザ
  • 怪味おにぎらず
  • サーモンの怪味タルタルソース焼き
  • 怪味風サラダ麺
  • 厚揚げとナスの怪味ソース掛け
  • 怪味風蒸し鶏の生春巻き
  • 豚しゃぶ怪味ソースがけ
  • 唐揚げの怪味ソース掛け

2015年ヒット調味料の最有力候補!?。

ここ数年、「食べるラー油」「塩麹」「塩レモン」といった、
ちょっぴり変わり種の万能調味料が主婦の注目を集めています。
それらは、テレビの情報番組などで積極的に取り上げられ、
店頭で商品が品薄になるほどのブームを巻き起こすことも...。
そして2015年。万能調味料ヒット商品の最有力候補として、
話題を独占しているのが「怪味ソース」なのです!

唐揚げ用怪味ソース

商品コード 212159
JANコード 4903024621595
内容量 500g
賞味期間 1年

栄養成分情報(100gあたり)

エネルギー 473kcal
たん白質 4.0g
脂質 45.7g
炭水化物 11.3g
ナトリウム 2000mg
食塩相当量 5.1g

ご購入はこちら