牛肉とトマトのあえ麺

オイスターソース+粉山椒+ごま油を混ぜた風味満点のたれで。ごまは好みで刻みピーナッツにしても。

材料(2人分)

  • 中華生麺

    2玉

  • 牛もも薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)

    150g

  • トマト

    1個(約150g)

  • 香菜(パクチー)

    6本

  • 大さじ1

  •  

     

  • <たれ>

     

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    大さじ2

  • 粉山椒

    小さじ1/4

  • ごま油

    大さじ1

  • 白いりごま

    小さじ1

牛肉とトマトのあえ麺

つくり方

  1. ①トマトはへたを取って2㎝角に、香菜は根元を切って長さ3㎝に切る。たれの材料を混ぜる。
  2. ②鍋にたっぷりの湯を沸かし、中華麺をほぐし入れ、袋の表示どおりにゆでる。菜箸などですくってざるに上げ(湯は弱火にかけておく)、流水の下でもむように洗い、水けをしっかりきる。
  3. ③同じ湯に酒を加え、牛肉を1枚ずつ広げて入れる。肉の色が変わったら取り出し、ざるに広げる。器に麺を入れて牛肉とトマト、香菜をのせる。たれを等分にかけてごまをふり、よく混ぜていただく。
    (1人分586kcal 塩分2.8g)

牛肉とトマトのあえ麺

『2019 オレンジページCooking 夏』掲載

ねぎの卵焼き

オイスターソースがあれば、具はねぎだけでも、うまみが広がります。

材料(2人分)

  • 3個

  • ねぎ

    1/2本

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    適宜

  • 黒酢(または酢)

    適宜

  • 大さじ1

  • ごま油

    大さじ2

ねぎの卵焼き

つくり方

  1. ①ねぎは斜め薄切りにする。ボールに卵を割りほぐし、酒とねぎを加えて混ぜ合わせる。
  2. ②直径約20㎝のフライパンにごま油を入れ、中火で充分に熱する。①を一度に入れて混ぜながら焼く。裏側に焼き色がついたら、皿などをかぶせてひっくり返し、フライパンに戻し入れる。弱めの中火にして2分ほど焼く。オイスターソースと黒酢を合わせて添える。
    (1人分249kcal 塩分1.1g)

ねぎの卵焼き

『2019 オレンジページCooking 夏』掲載

オクラの肉巻き

オクラの個性ある食感や味わいに、とろりと濃厚なオイスターソースがぴったり。ほんのりカレー粉をきかせるのもポイントです。

材料(2人分)

  • 豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)

    10〜12枚(約180g)

  • オクラ

    1パック(10〜12本)

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    大さじ1〜1 1/2

  • 適宜

  • 小麦粉

    大さじ1

  • 大さじ1

  • カレー粉

    少々

  • ごま油

    小さじ2

オクラの肉巻き

つくり方

  1. ①オクラはへたの先を切り、がくのまわりを薄くむく。塩少々をふってこすり合わせ、流水で洗って水けを拭く。
  2. ②豚肉をまな板に広げ、塩少々と小麦粉をふる。豚肉1枚にオクラ1本をのせ、斜めにくるくると巻く(ⓐ)。残りも同様にする。
  3. ③フライパンにごま油を中火で熱し、②を巻き終わりを下にして並べ、酒をふる。ころがしながら全体に焼き色がつくまで4〜5分焼き、取り出して器に盛る。オイスターソースをかけ、カレー粉をふる。
    (1人分320kcal 塩分1.3g)

オクラの肉巻き

『2019 オレンジページCooking 夏』掲載

豚肉ともやしの重ね蒸し

材料を重ねてフライパンに入れ、あとは火にかけるだけ!でOKです。豚肉のほか、するめいかなど魚介類で作るのもおすすめですよ。

材料(2人分)

  • 豚バラ薄切り肉

    200g

  • もやし

    大1袋(約250g)

  • 万能ねぎの小口切り

    4本分

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    大さじ1 1/2〜2

  • 80ml

  • レモン

    1/4個

  • ごま油

    小さじ2

豚肉ともやしの重ね蒸し

つくり方

  1. ①もやしはできればひげ根を取る。豚肉は長さを半分に切る。レモンは縦半分に切る。
  2. ②フライパンにもやしの1/2量を広げ、豚肉の1/2量を並べる。同様にもう一度重ねる(ⓐ)。
  3. ③②に酒とごま油をふり、ふたをして弱めの中火にかける。煮立ったら弱火にして8分ほど蒸し煮にする。器に盛って万能ねぎをふり、レモンを絞りかける。オイスターソースをかけていただく。
    (1人分507kcal 塩分1.8g)

豚肉ともやしの重ね蒸し

『2019 オレンジページCooking 夏』掲載

卵かけご飯にかけて

卵かけご飯にかけて

オイスターソースとしょうゆを1:2の割合で混ぜた、こく深いたれは、卵のまろやかさと相性抜群。たれを多めに作り、ゆで卵を半日ほど漬ければ、お弁当に便利な〈味たま〉もできます。
『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

刺し身とあえて

刺し身とあえて

オイスターソースとしょうゆを1:2の割合で混ぜた、こく深いたれをまぐろやかつおなどの刺し身とあえるだけで、ご飯がすすむ魚おかずに。刻んだ青じその葉といっしょにご飯にのせて、どんぶりものにするのもおすすめです。好みでいりごまをふっても。
『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

みそ汁の〈だし〉として

みそ汁の〈だし〉として

和風だしの代わりに、オイスターソースを入れるだけでOK。
400㎖(2人分)のお湯に、大さじ1/2が目安です。具は青梗菜やにら、キャベツなどがおすすめ。
『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

オイスタードレッシング

オイスタードレッシング

こくがありながらもさっぱりとした〈オイスタードレッシング〉は、
オイスターソース、酢、オリーブオイル各小さじ1、にんにくのすりおろし少々を混ぜるだけ。
多めに作って清潔な密閉容器で冷蔵保存すると、副菜作りがもっとらくになります。
『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

オイスタードレッシング活用レシピ

オイスタードレッシング活用レシピ

ハムとキャベツのサラダ

\こちらもオススメ!/

こちらもオススメ!こちらもオススメ!

チキンサラダにオイスター
ドレッシングをかければ、ご飯に
よく合うボリュームサラダに


豚肉と厚揚げのオイスター煮

豚肉と厚揚げのオイスター煮

厚揚げのように淡泊な素材も、オイスターソースで主役級の食べごたえに。

材料(2人分)

  • 豚バラ薄切り肉

    150g

  • 厚揚げ

    1枚(約200g)

  • 小松菜

    1/2枚(約100g)

  • にんじん

    1/2本

  •  

     

  • <合わせ調味料>

     

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    大さじ1

  • しょうゆ

    大さじ1

  • 1/2カップ

  •  

     

  • <水溶き片栗粉>

     

  • 片栗粉

    小さじ1

  • 大さじ1

つくり方

  1. ①豚肉と小松菜は長さ5㎝に切る。にんじんは皮をむき、幅1㎝、長さ5㎝の短冊切りにする。厚揚げは縦半分に切り、幅1㎝に切る。合わせ調味料、水溶き片栗粉の材料を混ぜる。
  2. ②フライパンを強めの中火にかけて豚肉とにんじんを入れ、肉の脂が出てくるまで炒める。合わせ調味料を加え、煮立ったら小松菜と厚揚げを加え、ふたをして中火で5分ほど蒸し煮にする。水溶き片栗粉をもう一度混ぜてから回し入れ、ざっと混ぜてとろみをつける。(1人分486kcal、塩分2.6g)

『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

トマトと卵のオイスターソース炒め

トマトと卵のオイスターソース炒め

オイスターソース×炒めたトマトが合わさって、うまみがぐんとアップ!

材料(2人分)

  • トマト

    2個

  • ねぎ

    1/2本

  • 4個

  •  

     

  • <合わせ調味料>

     

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    大さじ1/2

  • 大さじ2

  • 片栗粉

    小さじ1/2

  •  

     

  • 小さじ1/4

  • サラダ油

    大さじ1

つくり方

  1. ①トマトは4~6等分のくし形に切る。ねぎは長さ2㎝に切る。ボールに卵を割り入れ、塩小さじ1/4を加えて溶きほぐす。合わせ調味料の材料を混ぜる。
  2. ②フライパンを強めの中火にかけ、しっかり熱くなるまで熱する。サラダ油大さじ1を入れ、卵液を手早く加えて木べらで大きくかき混ぜる。半熟状になったら一度取り出す。
  3. ③同じフライパンにサラダ油少々(分量外)を入れて中火にかけ、ねぎを30秒ほど炒めてトマトを加える。トマトが少しくずれる程度まで炒めたら合わせ調味料を加える。とろみがついたらすぐに2の卵を戻し入れ、さっと混ぜる。(1人分259kcal、塩分1.7ɡ)

『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

ハムとキャベツのサラダ

オイスタードレッシング活用!
ハムとキャベツのサラダ

オイスターソースで作ったドレッシングをかけると、うまみがぐんとアップ!

材料(2人分)

  • キャベツ

    1/8個(約120g)

  • ハム

    2枚

  •  

     

  • <オイスタードレッシング>

     

  • 化学調味料無添加のオイスターソース

    小さじ1

  • 小さじ1

  • オリーブオイル

    小さじ1

  • にんにくのすりおろし

    少々

つくり方

  1. ①キャベツとハムを3㎝四方に切る。
  2. ②フライパンに水を高さ1㎝ほど入れて中火にかけ、沸騰したらキャベツを加えてふたをする。1分ほど蒸しゆでにしてざるにあけ、水けをよくきり、そのままざるに広げて粗熱を取る。
  3. ③ハムといっしょに盛りつけ、オイスタードレッシングをかける。(1人分76kcal、塩分0.9g)

『2019年3月17日号 オレンジページ』掲載

マレーシア風焼きそば

マレーシア風焼きそばマレーシア風焼きそば

濃厚なオイスターの旨味をたっぷり味わう

ココナツオイルの風味とオイスターソースの旨味を麺に絡ませて作るマレーシア風の焼きそば。少ない調味料でも本格エスニックに仕上がるのも嬉しい。レモン汁をかけていただこう。

材料(2人分)

  • 中華麺

    2袋

  • 豚こま切れ肉

    150g

  • チンゲン菜

    2株

  • 小松菜

    2株

  • 少々

  • オイスターソース

    大さじ2

  • ココナツオイル 又は サラダ油

    大さじ1

  • レモン

    1/8個

つくり方

  1. ①チンゲン菜は洗って葉と茎にわけて切り、葉はざく切り、茎は縦に1㎝幅に切る。小松菜は縦半分に切り、根の部分をよく洗って、ざく切りにする。
  2. ②麺は沸騰したお湯で2分程ゆでてざるにあげてよく水気をきっておく。同じタイミングでフライパンを熱し、ココナツオイルをひき、豚肉と塩を入れて炒める。
  3. ③豚肉の色が変わってきたら麺、オイスターソースを加えて麺に染み込ませるように炒める。
  4. ④チンゲン菜と小松菜を加え、水分を飛ばすように炒める。チンゲン菜と小松菜に火が通ったら皿に盛り付けてレモンを添える。

オイスターソースのココがスゴイ!

加熱することで麺に味が染み込み、香ばしく仕上がる。オイスターソースの濃厚な旨味を生かして作るので調味料が少なく済むのも嬉しい。

オイスターソースのココがスゴイ!

サーモンのカルパッチョ

サーモンのカルパッチョサーモンのカルパッチョ

中華&和風カルパッチョ

オイスターソースとナンプラーの香りを楽しめる新感覚のカルパッチョ。合わせる野菜はねぎやせりなど和風にして、ごま油で仕上げた多国籍な1皿。彩りもきれいなのでおもてなし料理としても。

材料(2人分)

  • サーモン(刺身用柵)

    1枚(250g)

  • 長ねぎ(白い部分)

    5cm

  • せり

    2株

  • ディル

    1茎

  • 少々

  • <A>

     

  • オイスターソース

    大さじ1

  • ナンプラー

    小さじ1

  • ニンニク(すりおろし)

    1/4片

  • ごま油

    大さじ2

  • アーモンド

    3粒

つくり方

  1. ①サーモンは塩少々を振り10分程おき、水気をキッチンペーパーでふいてスライスする。
  2. ②せりはざく切りに、長ねぎは白髪ねぎにする。野菜は全部一緒にして混ぜておく。アーモンドは刻んでおく。<A>の調味料をボウルに入れてよく混ぜてタレを作る。
  3. ③皿にサーモンを並べて、2の野菜をのせてタレをかけてアーモンドを散らす。

オイスターソースのココがスゴイ!

生臭みのないユウキのオイスターソースは、つけダレとしても幅広く利用可能!濃厚な旨味でしっかりと味がつくのでディル、白髪ねぎなどのハーブを複数使っても味がまとまる。

オイスターソースのココがスゴイ!

牛肉と長芋の炊き込みご飯

牛肉と長芋の炊き込みご飯牛肉と長芋の炊き込みご飯

長芋の食感を楽しもう

オイスターソースで味つけすることで時間短縮できる上に、調理は炊飯器にお任せなので忙しい日のごはんにおすすめ!長芋など淡白な素材と濃厚なオイスターソースがよく合う。旨味をお米に染み込ませて炊き上げる。

材料(作りやすい分量)

  • 2合

  • 牛こま切れ肉

    150g

  • 長芋

    150~200g

  •  

     

  • <A>

     

  • オイスターソース

    大さじ1 1/2

  • 大さじ1/2

  • 少々

  •  

     

  • 小さじ1/4

  • オイスターソース

    大さじ2

  • ココナツオイル 又は サラダ油

    大さじ1/2

  • ショウガ(千切り)

    20g

つくり方

  1. ①米は洗ってざるにあげておく。牛肉はボウルに入れて<A>を加えてもみ込んで15分以上おく。長芋は皮をむいて厚めの半月切りにする。
  2. ②炊飯器に米を入れて塩小さじ1/4、オイスターソースを加えて、水を目盛りに合わせて加え混ぜる。最後にココナツオイルを加える。
  3. ③長芋をのせて牛肉をその上にのせて、炊飯器の蓋を閉めて炊く。炊き上がったらショウガを加えて全体をさっと混ぜる。

オイスターソースのココがスゴイ!

オイスターソースは、漬けダレとしても使い勝手が抜群。ご飯を炊く前に牛肉に15分程度漬けこめば、子どもや男性も喜ぶ、しっかりとした味に仕上がる。1本で下味から調味までできるのも嬉しいポイント。

オイスターソースのココがスゴイ!

鶏肉のオイスター&ココナツ煮込み鶏肉のオイスター&ココナツ煮込み

鶏肉のオイスター&ココナツ煮込み鶏肉のオイスター&ココナツ煮込み

異国風煮込み

ココナツミルクを加えてエスニック風にアレンジした煮込み料理。鶏肉とオイスターソースの旨味が生きていて、和風・洋風どちらの献立にも取り入れやすい1品。

材料(2人分)

  • 鶏もも肉

    1枚(270g)

  • 大根

    1/3本

  • ゆで卵

    2個

  • オイスターソース

    大さじ1 1/3

  • ナンプラー

    小さじ1

  • 少々

  • ココナツミルク

    1/2カップ

  • 2カップ

つくり方

  1. ①大根は1㎝幅の輪切りにして皮をむいて、半月切りにする。
  2. ②鍋に大根、塩、水を加えて中火にかけ沸騰したら弱火にして20分ほど煮る。
  3. ③鶏肉は一口大に切っておき、2の鍋に加えてオイスターソース、ナンプラーを加えてさらに15分ほど弱中火で煮る。
  4. ④ココナツミルクとゆで卵を加えて5分ほど弱火で加熱する。

オイスターソースのココがスゴイ!

個性的な煮込み料理の味をまとめてしまう優秀調味料!オイスターソースを煮込むことで味が食材全体に染み渡る。鶏肉の旨味ともマッチして美味しい。

オイスターソースのココがスゴイ!

ゆで豚、香味野菜を包んで

ゆで豚、香味野菜を包んでゆで豚、香味野菜を包んで

タレが豚肉の美味しさを引き立たせる

そのまま食べても美味しいタレになるオイスターソースとスイートチリソースの良さを生かすアレンジに注目! カレー粉とマンゴーの果肉がそれぞれのソースとベストマッチ。ゆで豚をたっぷりの野菜と一緒にいただこう。

材料(2〜3人分)

  • 豚肉(肩ロースブロック)

    400g

  • 大さじ1

  • ショウガ

    1片

  • <A>

     

  • グリーンリーフレタス

    適量

  • 青しそ

    適量

  • 香菜

    適量

  • ベビーリーフ(水菜、テーブルビート、タアサイなど)

    適量

  • <マンゴースイートチリソース>

     

  • スイートチリソース

    大さじ2

  • マンゴー

    1/4個

  • <オイスターソースのタレ>

     

  • オイスターソース

    大さじ1

  • カレー粉

    少々

  • ショウガ汁

    小さじ1/2

  • 小さじ1

つくり方

  1. ①豚肉に塩をまぶしてラップを巻いて密封袋に入れて冷蔵庫で3時間以上おく。(できれば一晩おく)
  2. ②1の塩豚を洗って大鍋に入れ、かぶるぐらいの水とショウガを加えて中火にかけ沸騰したら弱火にして30分ほどゆでる。竹串を刺して透明な汁が出てきたらゆであがりの目印。
  3. ③マンゴーは果肉だけ取り出してボウルに入れ、スプーンやすりこぎでつぶしてスイートチリソースと混ぜる。ボウルにオイスターソース、カレー粉、ショウガ汁、水を入れてよく混ぜる。
  4. ④2のゆで豚を薄切りにして皿に<A>の野菜と一緒に盛り付ける。マンゴースイートチリソース、オイスターソースのタレを添える。

オイスターソースのココがスゴイ!

加熱せずに風味を生かしながらディップソースとしても使える。カレー粉を少し加えて香りづけをすればまた違う味わいに。スパイスと組み合わせてもオイスターソースの味がきちんと残るので味がブレない。

オイスターソースのココがスゴイ!
化学調味料無添加の
オイスターソースTOPページへ戻る
imageimage