ゆうこ写真館

は~い!こちら写真部です。
食を求めて東奔西走、日本全国はたまた世界各国飛び回ります。
会社休んでも大目に見てね♪

2019年11月

金銀うな重!!
ゆうこ写真館でも幾度も登場している
「うな重」ですが、ユウキ蓼科工場がある
茅野市は諏訪湖が近く、そこで養殖された
"鰻"は名物の一つになっています。
我が家はなんとなく信州が好きで、何度も
家族旅行していますが、まだその"鰻"を
賞味したことがないことに気づき、
いつの日にかと考えていました。

そして、ようやくその日が!!
夏の家族旅行に諏訪方面に出かけることになり、息子の20歳の誕生祝(7月)と
結婚25周年のお祝い(銀婚式・本当は昨年だけど)の名目で、少し前に会社から
もらった売上げ達成金を使い、ちょっと贅沢な「うな重」を食べることに。

さてどこのお店で食べようかと検索。すると名物『金銀うな重』なるものが登場。
いかにもおめでたそうなメニュー名なので、こちらを食べに行くことに
但し人気店のようで、休日の予約は不可。待つことを覚悟し開店時間30分以上前に
行きましたが、既に10組ぐらい並んでいました。

そして1時間ほど待ち、頼んだ『金銀うな重』+肝吸いが運ばれてきました。
かば焼き(金?)と白焼き(銀?)の2つのお重で、丁度、鰻1尾分のようです。

まずは"銀"「白焼き」ですが、わさび醤油を少し付けながら半分ぐらい食べ、
次に"金"「かば焼き」をしっかり堪能し、最後に半分残した「白焼き」とご飯を
茶碗に移し、海苔・ねぎ・わさびなどの薬味をのせ、出汁をかけて食べました。

焼くだけの「白焼き」と蒸したあとタレを付け焼いた「かば焼き」は食感も違い、
「ひつまぶし」以上に何度も楽しめる「うな重」を堪能し、大満足の一日でした。

担当:KOBA

« 前月の記事  ‖ 

2019年の記事

はりきって海外編   のんびり国内編
イメージ