• Home
  • Pick up
  • ユウキ・ガラスープが活躍! はまじさんの幸せなごはん時間 Vol . 9

<ESSE×youkiガラスープ連載企画>ユウキ・ガラスープが活躍!
はまじさんの
幸せなごはん時間 Vol.9

#箱のなかのI Love you♡#お風呂deアイス#おつかれ自分! #箱のなかのI Love you♡#お風呂deアイス#おつかれ自分!

新年度がスタートする4月。お子さんのお弁当づくりデビュー!という方もいるのでは? 私のデビュー当時を思いおこしてみても、試行錯誤の連続でした。少しでも栄養を、と息子の苦手な野菜は小さくして好きなお肉に混ぜたり、隠し入れたり…。それでも残してくるお弁当箱に、このままでは息子も私もストレスがたまるばかりと思い、息子の好きなものだけを入れるお弁当にシフト。すると、「おちゃーちゃん、今日もぜんぶ食べたよー」と息子もうれしそうに報告してくれるようになっていきました。さらに、月曜から金曜日まで残さずお弁当が食べられたら「お風呂deアイス」というごほうびルールもつくり、今では親子で楽しみながらお弁当生活を過ごしています。

浜島直子さん
モデル。夫、息子(6歳)の 3人家族(愛犬のピピも)。テレビ・ラジオで活躍するほか、絵本作家としても活動。自身初の随筆集『蝶の粉』(ミルブックス刊)が好評発売中。飾らないインスタグラム(@hamaji _0912)も人気

『ESSE4月号』撮影/砂原 文 スタイリスト/福田麻琴(人物)、井上真里恵(料理) ヘアメイク/赤松絵利 取材・文/城石眞紀子

息子大好き♡おにぎり弁当 息子大好き♡おにぎり弁当

息子はおにぎりが大好きなので、よくつくるのはおにぎり弁当です。お弁当箱に三角おにぎりを2つ。乾燥しないようラップに包んで入れていますが、包み方としては、ラップの上部をクルクルッとねじるのがポイント。こうすれば、小さい子でも簡単にあけて食べられるんですよ。一緒に入れるおかずは、甘めの卵焼きと好物のから揚げなどの肉おかずが定番。そして、食べてほしいミニトマトはピックに刺してかわいく。入っているものが決まっていると、食べる順番も自分のなかで決めているようで、そういうところにも見えない絆が感じられて、母としてはうれしい限り♡早いもので、そんな息子もこの春からは小学生。私のお弁当づくりもこれでいったん卒業です!

温かいご飯にガラスープと大好きな鮭フレークを混ぜて三角おにぎりに。「シンプルだけど飽きずに食べてくれるんですよ」 温かいご飯にガラスープと大好きな鮭フレークを混ぜて三角おにぎりに。「シンプルだけど飽きずに食べてくれるんですよ」

レシピを見る

ガラスープをご飯に混ぜると冷めても美味! ガラスープをご飯に混ぜると冷めても美味!

オムライスもよくつくるお弁当。「薄焼き卵が破れたのをごまかそうと、焼きのりで似顔絵を描いたらすごく喜んで。以来、ケチャップでカットしたのりをつけて飾っています」

一覧へ