• Home
  • Pick up
  • ユウキ・ガラスープが活躍! はまじさんの幸せなごはん時間 Vol . 10

<ESSE×youkiガラスープ連載企画>ユウキ・ガラスープが活躍!
はまじさんの
幸せなごはん時間 Vol.10

#君も私も一年生!#笑顔の朝ごはん#ゴクゴクスープでわくわく! #君も私も一年生!#笑顔の朝ごはん#ゴクゴクスープでわくわく!

すっかり春ですね。わが家の息子は4月から新一年生。新生活のスタートに向けた準備のなかで、新たな生活リズムを見込んで早寝早起きを心がけたり、一日の始まりとなる朝食づくりにも取り組んでいます。息子は夜ごはんをしっかり食べることもあって、これまで朝は軽め。スティックパンやひと口パンと牛乳ですませていました。でも、小学校生活では集中力を高めるのに朝食が大事と本で読み、きちんと食べる習慣をつけさせたいと考えています。そうはいっても、彼も新生活に慣れるだけで大変だろうし、私自身も朝ごはんから気合いを入れてしまうと続かないかな…と思うので、がんばりすぎない程度にがんばることに。まずは、食べ慣れているパンに、スープやゆで卵などの好物をプラスすることから始めました

浜島直子さん
モデル。夫、息子(6歳)の 3人家族(愛犬のピピも)。テレビ・ラジオで活躍するほか、絵本作家としても活動。自身初の随筆集『蝶の粉』(ミルブックス刊)が好評発売中。飾らないインスタグラム(@hamaji _0912)も人気

『ESSE5月号』撮影/砂原 文 スタイリスト/福田麻琴(人物)、井上真里恵(料理) ヘアメイク/赤松絵利 取材・文/城石眞紀子

カボチャのスープ カボチャのスープ

このカボチャのスープは、野菜嫌いの息子が唯一喜んで食べてくれるもので、間食のおやつ代わりにもよく登場。シンプルだから忙しい朝でもパパッとつくれるし、時季によっては水っぽかったりと当たり外れがあるカボチャも、ガラスープを入れればうま味が増して全部当たりのカボチャになるんですよ。息子にはいつもゆで卵の殻をむくお手伝いをしてもらっているので、テーブルの上で卵の殻をむいて、自分も朝食づくりに参加している気分になってくれたら。私も一緒に食卓につき、「今日も天気がいいね~」と話しながら同じスープを飲むなど、親子でいい朝の時間を過ごしたいなと思っています。

カボチャをレンチンして牛乳などと一緒にミキサーにかけるだけ!「ゴクゴク飲めるおいしさです」 カボチャをレンチンして牛乳などと一緒にミキサーにかけるだけ!「ゴクゴク飲めるおいしさです」

レシピを見る

ガラスープのおかげで毎回絶品! ガラスープのおかげで毎回絶品!

愛読書の『息子のトリセツ』(黒川伊保子著 扶桑社刊)。「朝食を食べて栄養を脳に届けなければ考える力も育たない、ということが脳科学的に書いてあり、すごくためになりました」

一覧へ