• Home
  • Pick up
  • ユウキ・ガラスープが活躍! はまじさんの幸せなごはん時間 Vol . 11

<ESSE×youkiガラスープ連載企画>ユウキ・ガラスープが活躍!
はまじさんの
幸せなごはん時間 Vol.11

#半径3mから考えるエコ#みそ汁界のブラックホール#たくさんつくってもペロリ! #半径3mから考えるエコ#みそ汁界のブラックホール#たくさんつくってもペロリ!

最近、ニュースなどでもよく耳にする食品ロス問題。“もったいない”を減らすことは大切なことだと思うけど、あまりストイックになりすぎても生活が窮屈になってしまうので、自分のできる範囲で、できるときに、できることを!をモットーに取り組むことにしています。
たとえば、行きつけのスーパーで無農薬の野菜が手に入ったときは、皮をむかずに丸ごと調理。大根やカブの葉も、捨てずに汁物や鍋などに入れておいしく食べきります。また、ちょっとずつ使い残した野菜は、ダメにする前に半端野菜でつくれるメニューで定期的に冷蔵庫の中身を整理。

浜島直子さん
モデル。夫、息子(6歳)の3人家族(愛犬のピピも)。テレビ・ラジオで活躍するほか、絵本作家としても活動。自身初の随筆集『蝶の粉』(ミルブックス刊)が好評発売中。飾らないインスタグラム(@hamaji_0912)も人気

『ESSE6月号』撮影/砂原 文 スタイリスト/福田麻琴(人物)、井上真里恵(料理) ヘアメイク/赤松絵利 取材・文/城石眞紀子

いろいろ野菜の豚汁 いろいろ野菜の豚汁

そんなわが家の使いきりメニューの定番中の定番が、いろいろ野菜の豚汁です。豚汁って、ブラックホールみたいになんでも受け入れてくれるから、魔女の大鍋みたいに余った野菜を全部入れて、ガラスープをパラリ。これでみそを控えめにしてもものたりなさがなく、減塩になるうえ、野菜のうま味が引き立った優しい味に仕上がるんですよ。
たっぷりつくっても野菜がクタッとした翌日もおいしいから、残らずきれいにペロリ。栄養は満点だし、冷蔵庫スッキリで気持ちはいいし、いいことづくめの“食べきり料理”です!

豚汁の相棒にはチャーハンを。「完全栄養食のシラス&卵入りで、私的には最強の組み合わせです」 豚汁の相棒にはチャーハンを。「完全栄養食のシラス&卵入りで、私的には最強の組み合わせです」

レシピを見る

ガラスープは詰め替え用を購入してゴミも削減 ガラスープは詰め替え用を購入してゴミも削減

柑橘の皮は干してジャムにしたり、お風呂に入れたり。「コーヒーのでがらしもフィルターごと干して消臭剤代わりにするなど、捨てる前に有効活用!」

一覧へ