• Home
  • Pick up
  • ユウキ・ガラスープが活躍! はまじさんの幸せなごはん時間 Vol . 1

<ESSE×youkiガラスープ連載企画>
ユウキ・ガラスープが活躍!
はまじさんの幸せな
ごはん時間 Vol . 1

#暴れ肉団子は肉が好き♡#骨つきもキレイに完食#ワカメ様ありがとう! #暴れ肉団子は肉が好き♡#骨つきもキレイに完食#ワカメ様ありがとう!

はじめまして、はまじこと浜島直子です。これから毎月、普段から家族によくつくっているわが家のごはんを紹介させてもらいます。

浜島直子さん
モデル。夫、息子(5歳)の3人家族(愛犬のピピも)。テレビ・ラジオで活躍するほか、夫婦の創作ユニット「阿部はまじ」として絵本制作を行うなど、多方面で活動中。飾らないインスタグラム(@hamaji_0912)も人気

『ESSE8月号』掲載 撮影/宮濱祐美子 スタイリスト/福田麻琴(人物)、井上真里恵(料理) ヘアメイク/赤松絵莉 取材・文/城石眞紀子

手羽中の甘辛焼きと卵とワカメの簡単スープ 手羽中の甘辛焼きと卵とワカメの簡単スープ

初回は、息子の大好物のメニューから。5歳になる「暴れ肉団子」(息子のニックネーム)は、肉とお米が大好きで野菜はほとんど食べません。以前は、あの手この手でなんとか野菜を食べてもらおうと躍起になっていましたが、あるとき、これって変なワナにはまっているんじゃないの? と気づきました。
「ごはんの時間って楽しい」ということをいちばんに伝えていきたいのに、栄養バランスに重きをおきすぎて「せっかくつくったのになんで食べないの!
」と目くじらを立てていては、私も息子もハッピーじゃないって。
野菜は食べなくてもワカメやのりは食べるので、おみそ汁に入れたり、ご飯に巻いたり。工夫はしますが、元気に育っているのだから、いまは好きなものを食べるのでいいのかなと。この手羽中の甘辛焼きは、息子だけでも7~8本はペロリ。骨の周りのお肉までキレイにしゃぶるように食べては、自慢気に見せてくれるんですよ。大切なのは、やっぱり息子の笑顔です!

「手羽中の甘辛焼き」レシピを見る

「卵とワカメの簡単スープ」レシピを見る

ひとさじでおいしさがグンとアップ! ひとさじでおいしさがグンとアップ!

肉に下味をつけるときはポリ袋がラクチン。ガラスープを加えるとうま味がアップして、ジューシーに。

ごはんの時間と同じくらい大切にしていること

ごはんの時間と同じくらい大切にしていること

ごはんの時間と同じくらい大切にしてい
るのが、絵本を読む時間。毎晩、必ず読み聞かせしています。

一覧へ